中条あやみが「廃業」女優になったことのニュースが登場

Shocked young asian woman watching a smart phone.

中条あやみが「廃業」女優のニュースが浮かび上がる

中条あやみが廃業女優の噂女優が最近の主役に出演できなかった後に登場します。 23歳の女優の最後のプロジェクトは2018年に公開されたロマンスドラマ映画「スノーフラワー」でした。 

しかし、中条はまだアメリカのアイスクリームブランドハーゲンダッツを積極的に宣伝しています。彼女は2020年8月に放映されたアニメコマーシャルには登場しませんでしたが、広告の唯一のキャラクターは彼女の後にレンダリングされ、女優の身体的特徴を彼女の左頬の紛れもないほくろまで引き継ぐ唾を吐くイメージを作成しました。彼女はまた、広告に声をかけ、ハーゲンダッツのラムレーズンアイスクリームに焦点を当てた2分間のコマーシャルをナレーションしました。

彼女の成功した昇進にもかかわらず、人々は映画産業の見通しとプロジェクトの欠如で、彼女がグラビアアイドルになるかもしれないと推測しています。小さなビキニを着た挑発的なポーズで知られるグラビアアイドルは、男性の間で忠実な人口統計を持っています。 

日本で最大のグラビアアイドルの中には、ファンベースで利用できるようになる独自のプロの写真集やDVDを思いつくことがよくあります。確固たるキャリアと忠実なファンベースを確立した多くの成功したグラビアアイドルは、最終的にプロの女優、歌手、アイドルに移行しました。

投機筋は、中条を有名な女優や2010年代後半の蛯原ゆりのモデルと比較しています。愛されているモデルは「えびちゃん」とも呼ばれ、モデルとして女性の間で爆発的な人気を博しました。その後、彼女は彼女のキャリアを進め、成功した女優になりました。しかし、その道は短命で、えびちゃんはやがて女優事業から撤退した。 

蛯原ちゃんの女性への人気は、女性がエンターテインメント業界により深く関わり、投資するにつれて、彼女のキャリアをスタートさせるのに役立ちました。それらは、映画とテレビシリーズの両方のテレビと映画視聴者の大規模な人口統計を形成します。中条のプロジェクトは女性に好評ですが、必ずしもそうとは限りません。これが彼女の人気率の低下の憶測の背後にある理由かもしれません。 

中條は衣料品や食品会社など多くのコマーシャルに出演しています。最近のプロジェクトがないにもかかわらず、彼女は日中に何度もテレビ画面に登場します。 

ある編集者は、「えびちゃんは男性にはあまり人気がなかったが、女性は彼女を取り戻した。同じ文脈で、中条は男性に人気がありますが、女性にはそれほど人気が​​ありません。中條の目、鼻、口は、さわやかなオーラを持っていた海老ちゃんとは正反対の食欲をそそる表情を見せてくれます。 

女性はセクシーさを漂わせる代わりに、健康的な外見と個性を持った女性アイドルを探します。中条は、グラビアアイドルになるという選択肢をより魅力的にする可能性のある側面に欠けています。少なくとも、特定の人口統計に焦点を当てると、ターゲットを絞ったプロジェクトがたくさんあるはずです。」

ここおまとめちゃんでセレブ最新ニュースやゴシップを更新!

コメントする